クワウンナイ川

クワウンナイ川

クワウンナイ川 クワウンナイ川は、トムラウシ山から小化雲岳までの流域を背負う川で、隣に流れるポンクワウンナイ川と合わせて忠別川に合流します。クワウンナイ川は「日本一美しい沢」と呼ばれており、周辺の木々が赤黄色に染まる頃の景観は素晴らしく、特に途中に見られる約2kmに渡る一枚岩の廊下「滝の瀬十三丁」は、一度見ると二度と忘れられなくなるほどの絶景です。しかし、クワウンナイ川はその美しさとは裏腹に、遡行するには難易度が高く、増水・大雨時には避難場所が無い為、非常に危険です。そのため、クワンナイ川に入る際には、登山に準ずる装備と防水対策を行い、天候に十分注意し経験者との同伴で行動することをお薦めします。当ホテルから車で約五分いったところに羽衣トンネルがあり、その手前に公共駐車がありそこから徒歩となります。約15分ほど歩くと、写真のような景観をご覧頂けます。

アクセスマップ

クワウンナイ川入り口